梟は極北に皓の星を見るか

梟は極北に皓の星を見るか

基本データ

著者:結月 彼方
サイズ:文庫本 / 292頁
頒布価格:1,000円
発行:2018年11月30日

あらすじ

その国には古くより竜が棲み、宝物のかわりに物語を枕に眠るという。

されども北の果て、〈琥珀樹海〉を臨む地には偉大なる竜の恵みも届かない。
湖上の神殿に暮らす神官ばかりが、その栄華をしらしめる。

クロイツは彼の地に暮らす神官見習いであるが、あるべき姿には興味がない。
かわりに彼が求めるのは、いずれもっとも偉大な獣として、己の名を残すこと――

戴冠、或いは暁を待つ」の続刊です。

試し読み

そのうち用意する予定です。

取扱先

boothにて販売中です。

コメント