〈王の知恵〉のマルジナリア

〈王の知恵〉のマルジナリア

基本データ

著者:結月 彼方
サイズ:文庫本 / 360頁
頒布価格:1,200円(イベント価格)
発行:2021年1月17日予定

あらすじ

帝立図書館の本たちの長兄は、魔術書である。
魔神憑きのその本の名を、表題に曰く〈王の知恵〉。

ある嵐の夜、彼は図書館の客人より嬰児をひとり預かった。
客人が言うには、この子どもは魔神の望む知識を教えてくれるのだという。
しかし人ならざる身にはどうも真っ当な人間に育つとは思えず――

果たしてこの子は〈王の知恵〉の望みを叶えてくれるのか。
ついでにきちんと図書館を巣立ってくれるのか。
育児書ではない〈王の知恵〉(と、いい年した人間の友達)の奮闘が始まる。

***

という感じの人外×人間の雰囲気だけアラビア風異世界ファンタジー。
子どものころ、見知らぬ異国に想いを馳せた記憶のある人に届けば幸いです。

試し読み

こちらにて序章を公開中。

取扱先

boothにてお取り扱いを予定しております。。
テキレボEx2新刊予定

コメント