しおりを作成いたしました

あけましておめでとうございました。

2019年を迎え、特に活動していないように見える月燈文庫ですが、水面下では細々とした活動をしておりました。
その一環として、このたびサークル刊行の本に挟むためのしおりを作成いたしました。

彼方の名刺のデザインを流用したものになりますが、メンバー全員で話し合い、一部の透ける「透明しおり」です。
水濡れにも強いので、お風呂の読者のお供にも是非。
「戴冠、或いは暁を待つ」の再販分から同封を予定しております。

コメント